https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180612-00543394-shincho-ent

この記事の中でマツコデラックスが
発しているコメントで、民放はスポンサーあっての媒体であること。

視聴者はスポンサーの商品を買って
こそその放送局メディアに恩返しをする。

この構図はわかっているようで
普段は忘れてしまう意識だ。

民放なんてスポンサーが離れたら終わり。
NHKも受信料未払い運動が起これば終わりだ。

ただ、放送局は株主に地元有力者や財閥、
系列新聞社や映画会社を持つ。
新聞社も放送局から資本参画させているから
なかなか潰れない。
メディアの社員はどこかでつい慢心することが
容易な環境にいることも事実なんだろう。