https://news.yahoo.co.jp/pickup/6270040

私はいまから35年ほど前に

大阪に本社があった広告代理店
株式会社日創エージェンシーという会社に
勤めてました。
当時24才。
その会社が25才の時に破産しました。
今でもあの時の経営者は許せません。
雲隠れして結局社員にはお詫びの一言も
ありませんでした。
専務も連絡が取れない。

破産を聞いて取引先が詰めかけて
支払いはどうしてくれる!
破産がわかっていたのに発注したのか?
詐欺師、ぺてん師!
最低な社員だ!とぐちゃぐちゃにいわれ
当時若かった私は大変な衝撃を受けました。

会社が危なかったから辞めて行った先輩社員も
たくさんいました。
給料の遅配もありました。

でも、私は知り合いに相談した時、
君はまだ若い!倒産はなかなか経験できる
もんじゃない!
しっかりその目でよく見て人間の裏と表を
見たらいい!
とアドバイスを受けたから残務整理まで
いました。

30年以上前の話ですが、今回のハレの日
の破産事件を見ていてよく経営者がマスコミに出てきたなぁと思いました。
下手したら殺されますからね。

なんだか複雑な思いです。

詐欺師、ぺてん師!
だましゃがったな!

とののしられた瞬間は今でも
たまに夢にでます。