公式な数字です。

広告業界はどん底を抜けたようです。

その割りに、わが社的には????

業種・業態が違うかもしれませんが

景気が回復基調であることは感じますが

なかなか一気とは行かないようで。

個人的には、思うようにはなかなか行きません。

~~~~~~~~~~~~~~~~
経済産業省調査、6月の広告業の売上高は
前年同月比2.7%増 新聞が1年以上ぶりにプラスに

経済産業省は7月8日に、6月分の特定サービス産業動態統計速報を発表した。
6月の広告業の売上高合計は、前年同月比2.7%増の3949億1300万円。
このうち、4マス媒体については、前年同月比3.3%増の1699億3900万円。新聞およびテレビは前年同月比3.1%、5.2%増でプラスとなったが、雑誌とラジオはそれぞれマイナス12.5%、マイナス7.0%となった。
一方、インターネット広告については、前年同月比8.4%増の170億900万円で、昨年10月よりプラスを維持。海外広告は今月も好調で、前年同月比44.4%増で30億500円となった。

・媒体別売上高
新聞  333億9200万円 (前年同月比 3.1%増)
雑誌  93億3400万円 (同 12.5%減)
テレビ 1227億3400万円 (同 5.2%増)
ラジオ 44億7900万円  (同 7.0%減)

・その他メディア
屋外広告   37億5200万円 (前年同月比 28.7%減)
交通広告   141億8900万円 (同 11.0%減)
折込・DM   455億7400万円 (同 7.2%増)
海外広告   30億500万円 (同 44.4%増)
SP・PR・催事 593億8000万円 (同 3.2%増)
ネット広告  170億900万円 (同 8.4%増)

■元リリースリンク
調査の結果|特定サービス産業動態統計調査|経済産業省
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result-2.html