続・「ある業界人」の1日

1981年から広告業界に生きてきて今年で33年・・・ マスコミ業界の端を歩き、その歴史を影から見てきた私のブログです。 2017年3月10日サラリーマン生活に終止符を打ち卒業。 あらたに事務所(オフィスTMY)を立ち上げました。 今後はフリーで活動します。 いつまで歩き続けることができるかはわかりませんが・・・ お問い合わせは・・・ プロモーション&コミニュケーションに関しては・・ tetusya.sato@officetmy.com よろしくお願い致します。

2015年06月













スカパー契約者に送られてくる

毎月の情報誌《ヨムミル》です。












中には、保険会社のパンフレットや

大塚製薬の通信販売チラシが

入ってました。

我が家は、光通信が始めた

通信事業時代のディレクTV時代から

スカパーを観てます。

プロ野球ファンだからこそですが。

スカパーもものすごすぎる進化と

核分裂を起こしました。

これから先はやはり《4K》ですかね。

肝臓にはヘパリーゼ(⌒-⌒; )

いまや常識ですね。













昔はコルゲンコーワ!

ソルマック!

いまは、ヘパリーゼ(⌒-⌒; )





















3本パック!\(^o^)/




















10本パックも大好評!!

 



















昨年の今頃は会社の事務所で

サッカーなんぞを観ていたようで\(^o^)/

なんとも呑気な会社でした。

だから、身売りされちゃった(⌒-⌒; )

仕方ないですね〜〜(≧∇≦)

人生いろいろです。

http://youtu.be/ZCYCKzD2xAk

大正製薬コマーシャル

リポビタンDの企画が変わりました。

今までのファイト!一発!!

の連呼だけではなく、スポーツシーン

の日常の中にキャッチフレーズを

入れてます。

新しい時代の大正製薬コマーシャルです。

子供用紙おむつ市場で、着心地が良いなど高機能の新商品発売が相次いでいる。ユニ・チャームや花王など各社は寡占状態の国内市場で開発競争を加速。少子化が進む中、アジア市場や中国人を中心とした外国人訪日客の“爆買い”需要も視野に品質向上を進めている。

 ユニ・チャームは10日、赤ちゃんの背中から軟便が漏れるのを防ぐ「ムーニー エアフィット」の改良品を6月下旬に発売すると発表した。腹部の伸び縮み幅を10%広げ、骨格に合わせて背面に密着する構造にした。寝ている姿勢で足を動かす回数が多い新生児らを対象に、「一歩先を行く高品質をアピールしたい」(広報担当者)。

 大王製紙が4月に発売した「グーン」シリーズの改良品は、吸収体の面積を1.5倍に広げるなどの工夫で尿などがおむつ表面に残る量を従来品より4割減らした。「赤ちゃんの繊細な肌に配慮し、さらさらの肌触りが続くようにした」(マーケティング本部)

 花王の「メリーズ」も昨年8月、パンツ型の「さらさらエアスルー」の一部改良品で、股部分に凹凸がある素材を採用して通気性を大幅に上げている。

 ユニ・チャームによると、国内市場は2015年に前期比8%増となる見込み。少子化で需要が縮小する中、「外国人特需が下支えする」(同社)。花王も「中国などで富裕層を中心に需要が拡大している」(広報部)。厳しい国内競争で磨いた品質を足がかりに、アジアに市場を広げている。
















KiiTaがあるじゃないか!

スギ薬局待合室です。
















こちらは、トモズです。

さらに!





















ウエルシアです。

日本全国KiiTaデー(⌒-⌒; )

ズムスタの観客がようやく減り始めた(*^_^*)

こんなチームにいかなくなるのは

当たり前ですよね〜

私も次の試合は行こうか?悩んでます。

あの采配、あの貧打( ̄▽ ̄)

見ちゃおれん。


↑このページのトップヘ